苦手な人。関わりたくない人。

苦手な人というか、関わりたくないタイプの傾向がはっきりしてきました。

相談にお応えしているのに、話の腰をおって言葉尻を否定してくる人。
「あ~そういうのは、私得意なんで問題ないです」
とアドバイスを最後まで聞かずに自分には当てはまらないという返事で返してしまう人。

これね、60前後の人に多い。時々50歳前後でもいるけど。

お若い方にはあまり見られない現象で、なんていうか、ある意味自身のなさの裏返しに見えて仕方がない。
別に否定しているわけではなく、こういうやり方がありますよ的な選択肢の一つを提案しているだけなのに、あなたがそれをできないといっているのではなく…

いや、本当はできていない要素がたくさん見受けられるのでどうやったらできるようになるか言葉を選んで提案しているわけなのだけれども。

もったいないな~
と思う。
学ぶチャンスを自らぶっ潰しているよな。と。


しかも、それをやっている限り器が大きくなることが難しくなる。
自らのプライドのせいで、未来を小さくしてしまっている。

このタイプには、まどろっこしい言い回しはやめておいた方がいいなと最近気が付いた。
はっきりと、明確に端的に指摘する方が気が付いてもらえる。


あなたのやれます自慢を聞くために私の時間にお金を出してもらうのはとても忍びない。やれるのなら自分でやればいいだけじゃんね。

言ってしまえば素直になりまっし。もったい。
ということ。


しかし、、このタイプにバッサリ言ってのけると、なぜか好かれる。
Mかよ~~~!!って思ってしまう(笑)
でもできるなら、素直な人とお仕事がしたい、こっちも根気がなくなってきた50代。


~news~
~news~







 ホームページ制作.あぽじら 
https://www.apozira.com/
 ホームページ作成 .あぽじら
 オーナー参加型ホームページ制作
 ITオンチでもできるホームページ作成塾 
https://web-onchi.jimdo.com/
 ITオンチでもできるホームページ作成塾


 その他 

 JimdoCafe 武蔵

 セミナー・。講演依頼

.あぽじら 金沢市三社町11-30(090-2838-8766)

コメント

このブログの人気の投稿

Windows10シャットダウン時に「S」のアイコンがでて強制終了しますか?とメッセージがでる→ブラザーのプリンターが原因

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方