投稿

8月, 2018の投稿を表示しています

身の丈の文章。

イメージ
ブログやfacebookの発信がうまくなりたくて、ハウツーものの本を読むよりも、小説やエッセイなど文章がうまい人たちの(ハウツーものを書く人たちの文章が下手だといっているわけでは決していない)文章を読む方がよほどうまくなるのにと思う。 小説やエッセイや、物語を読んで「感じる」ことが、自分でかく文章に深みがでてくる。 「感動」する。心を揺らす。そういう経験を自分が常に感じていることで、感動させるまではいかなくても、誰かの心を揺らす文章が書けるようになるんじゃないかと。 まあ、小説でも、さらさらと読めるものもあれば、途中で飽きてくるものもあるけれども、それもまた一つの経験で、なんでそうなるのか?と考えてみるのもいい。 そんな気持ちで「本」とつきあっていると、ビジネス書が読み進まない。 ストーリーを見出そうとするからか、そもそも興味がないのか、あ、でもホリエモンとかだと最後まで読んじゃうから、やっぱり面白くないんだと思う。 文章をつづるのがうまくなりたいよね。 ほんと。 でね。やっぱり頭の中だけで作った文章と、何かしら経験したこと体感したことを書いた文章とでは、心に響く度合いが違うなって思う。 読んでいて、それが透けて見えちゃう。 そういうのに突っ込んでくれる人というのは少なくて、たいていはそっといなくなる。 だから、文章をつづる時は等身大でいいのだと思うよ。 ついつい、「こんな風に見られたい!」「こんな風には見られたくない!」という「見栄」が出てきて身の丈に合わないことを書こうと思うかもしれないけれど。 「信頼感」「親近感」などを感じて、共感してほしいのならば、身の丈の文章がよいと思うよ。 ただ、文章は美しい方がいい。 気持ちのいい美しい文章がいい。 ~news~ ~news~ 9/13(木)9/27(木)開催(無料) 平成30年度女性起業家WEBプロモーション実践講座 「女性フリーランスのためのWEBプロモーションセミナー」 https://webseminar-kanazawa.peatix.com/  ホームページ制作.あぽじら  https://www.apozira.com/  ITオンチでもできるホーム

読者を増やすことより先にやることがある!

イメージ
ブログを書こうと思うのですが、どうやったらよいですか?何を使ったらいいですか? メルマガを書こうと思うと思うのですが、どれがよいですか? 答えはなんでもお好きなものでどうぞ。 その使い方はそれぞれ違うので決めてから私に聞いていただければお教えできます。 なのだけれども。 ブログもメルマガも誰かに読んでいただくために発信しようとしていますよね。 誰かの「読んでいただく」という時間を使ってほしくて発信しますよね。 ということは、その誰かが自分の時間を使ってでも読みたいという情報を提供しないといけません。 アメブロにするか?gooブログにするか?Bloggerにするか?Wordpressでブログ構築するか? 問題はそこじゃない。 何を発信するのか。 見てくれた人にどんな情報を与えるのか。 ツール選びよりも、テクニックを習得するよりも 発信する情報を読み応えのあるものにしないといけません。 ツールを選ぶよりも、テクニックを習得するよりも 人に読んで、次も読みたくなる文章作りに悩んでください。 メルマガも同じ。 メルマガ登録に一生懸命になっても、せっかく登録してくれた方に必要でない情報を与えてしまったらもう二度と開封してもらえません。 なぜ、メルマガで成功している人がいるか。 それは、何よりも次も読んでもらえるネタを書いているからです。 まずは、どんな人に読んでもらって、その人にどんな行動をとってもらいたいのか。 トライアンドエラーで試す行動を起こしてください。 そして、万が一失敗したら二度と呼んでもらえなくなるかもしれないので、まずはSNSでどんな情報がどんな人に響くのか毎日チェックしながら発信してみるとよいです。 Facebookでいつも検証してますが、同じ「いいね!」の数なのにその顔触れが記事によって違っています。 かなりいい加減にぼ~~と毎日眺めていてもその違いにそのうち気が付くはずです。 そして、自分のターゲットとなる人たちにウケた投稿はどんなことを書いたのかを知ることです。 何事も一朝一夕で成功への道は開けません。 「どうやったらうまくいくのですか?」 これはいいかも?と思ったらすぐにやってみることです。 繰り返し繰り返しやってみて、自分で感じて選択していくこと。

思い込みで売りたいものを発信しちゃダメ。

イメージ
何かを伝えようと思ったときに、その表現方法はいろいろあります。 いろいろある表現方法のどれを使って伝えようかと思ったとき、どれを選びますか? その選ぶ基準になるものはなんですか? あなたは、リンゴを売る人です。 このリンゴを売るために、どんな情報を添えて伝えて買ってもらいますか? 多くの人は、このリンゴの作った工程、土や肥料や農薬の状況、リンゴがどれだけおいしいかを伝えようと思うでしょう。 が、このリンゴのことを買ってもらうために伝える情報は受け取り手によって違うということを認識しないといけません。 あなたが売りたい相手は誰ですか? エンドユーザーなのか、卸なのか、小売りの商店なのか、大型スーパーなのか、百貨店なのかエトセトラエトセトラ。 そして、このリンゴは 家で食べる用ですか?贈答用ですか?お見舞い用ですか?手土産用ですか? どんな人が食べますか? 年齢は?性別は? 質問しだすとキリがありません。 ひとつのリンゴを売るために必要な情報は計り知れません。 そして、ひとつのリンゴを買う人のシチュエーションは千差万別です。 その組み合わせによって、リンゴを売るためのストーリーが変わってきます。 そして、そのストーリーを発信するすべも変わってきます。 情報を仕入れ、分析し、想像して、発信する。 発信を考えるとき、自我は邪魔です。 買う人になりきって、どういう気持ちでその情報を受け取りたいかを考えないとだれの心も動かさないものになります。 さて、あなたは、例えばこのリンゴを、誰にどのように、どんな情報を与えて買ってもらいますか? 思い込みで売りたいものを発信しては誰もダメなのですが、かといって、売りたいものをはっきりと伝えなくては誰も買ってくれません。 5/27のセミナーではその練習ができます。 もうじき定員に達しますが、若干名ならまだ大丈夫です。 初心者にもわかりやすいマーケティングのお話と練習をする機会なかなかないと思いますよ(^^) ~news~ ~news~ 9/13(木)9/27(木)開催(無料) 平成30年度女性起業家WEBプロモーション実践講座 「女性フリーランスのためのWEBプロモーションセミナー」 https://websemi

「え?あのお顔は嘘な~~ん?!」って思われるのは嫌だな。

イメージ
スマホの加工アプリで自分の顔を触ったことあります? あれ、すごいですよね。 肌はつやつやプルプルになるし 二重あごはすっきり小顔になっちゃうし 目はパッチリキラキラ 一回味をしめると自撮りしてそのままアップなんてできんのやないか!? と思います。 まあ、遊びでやってますぶんにはいいですけど。 もう、それでしかアップしない! と決めたとしたら、、 万が一、万が一 誰かに撮られてそのままアップされ、しかもタグ付けされたらどないするんでしょうか? あ、でも、リアルに会えば「なんか違う?」と思われているだろうから、 いいのか。あんまり気にしていないのか。加工アップしている人は。 最近、自宅の仕事場で仕事をしていることが多く、一歩も外の空気を吸わない日も。 もともとお化粧するのが好きではないので、もちろんそんなときはすっぴんでいるわけだけど。コンビニや、近くのスーパーくらいならそのままいっちゃうのだけれども。 そんなすっぴん顔もアプリにかかれば… ファンデーション塗って、ちょっとチーク入れたくらいの顔になっちゃう。 見た目年齢だって、5歳?下手すりゃ10歳くらい若く見えてしまうんじゃないだろうか? ううううんんん。 これ、現実にこうなるアプリあればいいのにな。どっかのゲート通ったら一瞬できらりんっ~ってかわいくなればいいのにな。 一つ思うこと。 お仕事でSNSを使っているのだったら、果たしてこんな加工した顔をアップしてていいんだろうか? そりゃ美しい方が印象がよくなるから、もちろんきれいにしていることはお仕事にはとても大切なのだけれども、現実とSNSで見えている「ギャップ」は皆さんあまり気にしないのだろうか? 信用 とか、 安心 とか そういうのが目減りしたりしないのだろうか? と、ずぼらな自分を正当化したくてあれこれいらぬことを思ってみる。 とはいえ、これもまたSNSと自分がどうかかわっていくかということ。誰の共感を得たくてSNSをやっているか?ということ。 SNSはプライベートの息抜きなのか、お仕事の周知なのか、ということ。 っ見ている人がなんか違う。。。とおもえば見えなくすればいいだけの世界だから発信者は自由にやっていい。いいのだよ。ほんと。 いやしかし、気合いれてお化粧し

制作事例のご紹介・一般社団法人カウンセラーカレッジ石川 様

イメージ
リニューアル制作事例のご紹介です。 プロフェッショナル心理カウンセラーの養成教室と資格取得教室などを開校している 「一般社団法人カウンセラーカレッジ石川」様のリニューアル制作をいたしました。 数年前に新規ページを制作されその後も.あぽじらにおつきあいいただいておりました。この度のリニューアルはコンテンツの充実とよりわかりやすいページにしたいというご依頼でした。 .あぽじらとしては、開校から数年というところで周知が広まってきた矢先のリニューアルとなり、前ホームページとのイメージが大きく違ってしまうとリピートで見ている人たちが混乱するかもしれない?と思い、色合い、雰囲気を前回のものを意識して違和感のないリニューアルを目指しました。 今回は前回よりももっと具体的にターゲット設定ができたので、興味を持った方がよりわかりやすいページに仕上がったと思います。 また、定期的にWEB全般をサポートするWEBサポートにもご登録いただき、月に一度改善点がないか、付け加えることがないかを話し合っています。 成長するホームページでますます、閲覧者にやさしいページになりました。 8月25日にオープンキャンパス開催予定です。 一般社団法人カウンセラーカレッジ石川 金沢市石引2丁目22-21 ~news~ ~news~ 9/13(木)9/27(木)開催(無料) 平成30年度女性起業家WEBプロモーション実践講座 「女性フリーランスのためのWEBプロモーションセミナー」 https://webseminar-kanazawa.peatix.com/  ホームページ制作.あぽじら  https://www.apozira.com/  ITオンチでもできるホームページ作成塾  https://web-onchi.jimdo.com/   その他  .あぽじら 金沢市三社町11-30(090-2838-8766)

制作事例のご紹介・しょうじ行政書士事務所 様

イメージ
制作事例のご紹介です。 毎月月初めのレセプト業務に苦悩する事業所のストレスを軽減するために、レセプト代行の導入をご案内するホームページです。 行政書士の東海林様のご経験、お人柄と細やかな気配りに喜んでいらっしゃるクライアント様はたくさんいらっしゃいます。 今回は 合同会社MYTHARTS の大橋 定行さん にご依頼した東海林様の似顔絵がアクセントとなっています。 東海林様のページにおきましては、その業務に携わるひとがターゲットということであえて専門用語はそのままに表現いたしました。 「何をやってくれて」「どこが楽になるのか」をわかりやすくすることを意識したページとなっております。 放課後などディサービス関連のレセプト業務代行 しょうじ行政書士事務所 石川県白山市馬場1丁目159 ~news~ ~news~ 9/13(木)9/27(木)開催(無料) 平成30年度女性起業家WEBプロモーション実践講座 「女性フリーランスのためのWEBプロモーションセミナー」 https://webseminar-kanazawa.peatix.com/  ホームページ制作.あぽじら  https://www.apozira.com/  ITオンチでもできるホームページ作成塾  https://web-onchi.jimdo.com/   その他  .あぽじら 金沢市三社町11-30(090-2838-8766)

制作事例のご紹介・美english 様

イメージ
制作事例のご紹介です。 2018年6月にオープンされました 日本語で学ぶ大人のための英会話スクール「美english」様です。 就職してから気づく「学生時代まじめにやっておけばよかった~」という後悔。 日本にいながら海外の人とお話をする機会が増え、慌てていきなりネイティブの英会話スクールに飛び込みついていけなくてがっかり…といった経験のある方もいらっしゃるのでは。また、ついていけないかも…と不安で一歩を踏み出せない方も。 そんな大人のための英会話スクールです。 特に仕事で英語が必要になった!という方におすすめ。 元気いっぱいで心配りのよいRitsuko先生が優しく丁寧に教えてくれます♡ ただいま体験教室受付中です。 日本語で学ぶ英会話スクール 美english 金沢市割出町84-4 ~news~ ~news~ 9/13(木)9/27(木)開催(無料) 平成30年度女性起業家WEBプロモーション実践講座 「女性フリーランスのためのWEBプロモーションセミナー」 https://webseminar-kanazawa.peatix.com/  ホームページ制作.あぽじら  https://www.apozira.com/  ITオンチでもできるホームページ作成塾  https://web-onchi.jimdo.com/   その他  .あぽじら 金沢市三社町11-30(090-2838-8766)

「決心」が「決断」を遅らせる。備えあれば憂いない。

イメージ
BCP(事業継続計画)のお話を聞いてきました。 BCP(事業継続計画)とは、災害などの緊急事態が発生した時に、企業が損害を最小限に抑え、事業の継続や復旧を図るための計画( Wikipediaより )のことをいいます。 Business Continuity Plan の略です。 さて、昨今、自然災害が多くなり対岸の火事の話ではなくなりました。 地震、雪害、水害と続き、この夏も酷暑からくる弊害はあちこちでNEWSになっています。 その中で、備えと訓練はやっているか?と聞かれると、自信がありません。 大企業の規模とは比較にはなりませんが、個人事業主の私にとっては自分の身を守るということが一番の準備事項ではないかと思いました。 お話をしてくださいました BCPJAPANの山口氏は「決心」をし「決断」をすることが肝心だとおっしゃっていました。 「決心」がないと「決断」を遅らせ取り返しのつかない事態になると。 「生きるぞ!」という決心がないと「逃げる」「残る」の決断が遅れると。 「継続するぞ!」という決心があるから守るべきものが何かがクリアになると。 そして、想定して準備をし予行練習をし実際に動く訓練をしておくことが緊急事態が起きたとき、たった3秒で生きるか死ぬかの分かれ道になることだってあるとおっしゃっていました。 社内の災害時の連絡網があったとしても、日ごろから使っていないと災害時役に立たなず、日ごろ使っていると着信履歴から連絡することができる。また、パートさんや派遣社員までにいたる方の安否確認を受けるために日ごろは社から全職員に発信をしておかないといけない。聞くとそうねそうねとうなずくことばかりでした。 在庫や、資材や、完成品を置く棚の耐震措置を怠ったばかりに、災害が起きたときに散らばったものを見て途方にくれ復旧のめどが立たないという事例がたくさんあるそうです。 たった100円の自転車の荷台に荷物を括り付ける紐で棚からものが落ちないようにしておくだけで、復旧までの時間が天と地の差が開くというのは、だれでも想像できるのではないでしょうか? さてさて、私はBCPについて専門家ではないのでこれ以上ここで書くことは控えますが、なぜ私が今回この話を聞きに行こうかと思ったかというと、今年初めの大雪時にことがあったからです。 何も