申込フォームとサイトのセキュア対応について。

イベントやセミナーを企画してお申込みページを自社サイトの中に作って公開することはよくあることですが、お申込みフォームも自社サイトで構築するというのは、場合によっては「問題あり!」ということが生じます。

私のように一人親方でやっているのはよいのですが、複数人が企画メンバーで参加状況も逐一確認したい。
という状況はよくでてきます。
ところが自社サイトの中で申し込みフォームを作ってしまうと、管理者権限を企画メンバーにどう与えるか?他のコンテンツを触れてしまうのはよくないし・・かといって、毎日や、聞かれるたびに管理画面を見て報告をするのも大変だし、と手をわずらせることも増えげんなりしてしまうことになってしまいます。


イベントやセミナー自体のページは自社サイト内にあってもかまわないのですが、申し込みフォームは外部のサービスを利用した方が便利かもしれません。
  • googleフォーム
  • フォームズ
  • Peatix

など、便利なツールがたくさんあります。
作成した申し込みフォームには必ずURLがつきますので、そのURLをページ内に表示すればお申込者の混乱もなく、複数のメンバーで監理しながらイベント当日を迎えられるので便利です。


もうひとつ。
今現在、サイトのURLが http:// から始まるサイトになっているものがみられます。
これはセキュア対応が未完了ということです。


セキュア対応になっていると、Webページとの通信を暗号化してくれます。ということは、「フォームなどで入力してもらった個人情報を不正アクセスから守っている」ということになります。


なので、自社サイトが http://から始まっているというのに、その中に個人情報を収集する申し込みフォームを設置する。ということは…
はっきり申し上げて問題です。NGです。

しかし、いますぐ自社サイトをセキュア対応にするというでは、イベント集客に間に合いません。
そういう時も外部のフォームサービスを利用すると便利です。


コメント

このブログの人気の投稿

新しい人気アプリが登場すると増える不正アクセス。めんどくさ~~~~~い!!

能登も金澤もリピ絶対!百楽荘

Windows10シャットダウン時に「S」のアイコンがでて強制終了しますか?とメッセージがでる→ブラザーのプリンターが原因