投稿

12月, 2019の投稿を表示しています

やっぱりそれは、「搾取」だと思う。

一昨日、昨日と逃げ恥の一挙放送をやっていた。その中でガッキーのセリフが、非常にうまい言葉で気持ちを表してくれていた。 「人の善意につけ込み、労働力をタダで使おうとする行為は“搾取”だ」 というヤツ。 「「友達だから」「勉強になるから」「あなたの為だから」と、正当な賃金を払わない“やりがい搾取”を見過ごしてはいけない」と付け加えていた。 ここ3年の間に何度もモヤモヤした「ボランティア」という都合のいい言葉。 この業界の人間なら多かれ少なかれ経験しているだろう。 まあ、さすがに起業したてではないので友達からのこのような搾取には断固として断ってきたので今はもうないのだけれども、いや逆に友達なら断ることができるのだけれども、大きな組織や団体、行政にこの搾取があることに正直びっくりした。 世間知らずの友達ならまだ仕方がないかと思えた。腹は立ったけれど。 そもそも予算を立てるときに「人件費」を考慮していなかったりと人の時間に対して無頓着すぎる。 また、断れない立場でそれを行うことは「パワハラ」の一種ではないだろうか?とさえ思う。 お弁当代には定価の金額を払う。 チラシには製作費と印刷代を払う。 私にボランティアでというなら、これらもすべてボランティアでしてもらったらいい。 私がお金をいただいてやっているサービスを無料で搾取するのなら、無料相当の仕事でいいならよいけれど。それでよいのか? 一生懸命お役に立ちたい。 お客様にこのシンプルなエネルギーを注いで一生懸命やっているのだ。 そのサービスに感動して喜んでお金を払ってくださる方々にやっぱり申し訳ない。 私がプロであるところをボランティアではできません。 と来年は宣言します。 団体に属したばかりに「やりがい搾取」されるのなら、団体に属することはやめます。