老舗の口からも、ハッシュタグという言葉が出てくる時代になりましたぞよ!

かぶら寿司の漬け込み体験に行くというと「伊藤さんだったら自分で漬けられるでしょうに!簡単なのに!」と言われることがあります。
たしかに、やれるでしょう。たぶんやれると思います。
ただ、毎年のようにいく四十萬谷さんの漬け込み体験に使われる「鰤」これが絶対素人ではまねができないものなのです。


熟成期間半年から10か月。
これを家庭でやったら間違いなく食べてはいけないとんでもないものに変化してしまうでしょう。
この熟成させた塩漬けのぶりを塩抜きをして、みりんやなんやったかなで味を調えて、そしていい塩梅の薄さに切ったものが準備されています。
そして、かぶらも青くびのかぶらで、四十萬谷さんが提携農家さんに専用に作らせているかぶらで市場には出回らないものです。
麹だってプロが細心の注意をはらって仕上げた麹です。
これらが全部トレイの中に準備されて、まるでままごとのようにまねごとをして、ひとり6枚のかぶら寿司を持って帰り、2㎏の重石をおいて10日待てば塩気と甘さとうまみが融合した高級漬物かぶら寿司が手に入るというものです。
そんなの漬け込みの肝心なことも覚えられないし、意味ないじゃん。と思うかもしれないけれども、この手軽さがたまらなくいいのです。友人たちと、毎年同じうんちくを「おんなじだね」と笑いながら聞いて、塩漬けのかぶらを手にもって、ほどよくなったぶりを挟み、小さな樽に麹と共にならべ、違うことをしていればお店の人が丁寧に直してくれ、たぶん、失敗することはありません。

その安心感と、手軽さでかぶらずしを手に入れたい輩が集まり、毎年予約をいれるのが大変です。
観光客や、地元のかぶら寿司大好き奥様のちょうどいいイベントごとなのです。
「イベント」というのは、必ずどんな人を対象にするのかを決めないといけません。それをやって、その先になにをどうするのかをイメージしないといけません。
ほとんどお店で売っているかぶら寿司と同じ過程を踏まなくてはいけないものをお手軽な金額で体験させる理由とゴールが必要です。
イベントに人が来た~~わ~~~い。

なんて言っている人は、まあ、商売をやっている人というよりも、趣味の作品を見せたい人。地域の文化祭やバザーの延長線上です。起業とはまた別次元の人たちと認識しています。
話はそれましたが。
毎年行くかぶら寿司体験で、毎年ちょっと特徴のあるお兄さんが漬け込み方を教えてくれるのですが、今年は何とこのお兄さんの口から「エゴサーチ」とか「ハッシュタグ」とかというワードが飛び出してきました。
「インスタやfacebookにどうぞ#四十萬谷で呟いてください。僕は時間がある時にけっこうエゴサーチをしておりまして、僕の個人アカウントなんですけどね、「いいね!」を押させていただいたりしているんですよ」と。
うわ~~こんな老舗でもこういうことを当たり前に言うようになった!!と感動しましたね。
もちろん、ハッシュタグ付きでfacebookに投稿しましたけれども。
いやしかし、四十萬谷さん。
この店名なかなか変換ででてこないので、ハッシュタグつけるの大変なんですよ。毎年。
「しじま」と入力して「四十万」で一回だして、「万」を削除して「まん」と入力して「萬」をだして、「たに」と入力して「谷」を出す。一年に一度のことですが登録しておこうか?と思うくらいの手間がかかります。

でも、なんだろ、こういう遊びみたいな余裕を持っているというところをアピールしたい年ごろでして、いってきたことを画像付きでアップするのでありますよ。

今年もまたね。

さてさて、あなたは、どんな幸せな未来をお客様に与えることができますか?
真剣に考えてみてください。
そこを考えることに必要性を感じない人は商売にはむきません。違う幸福を探された方がよいですよきっと。

コメント

このブログの人気の投稿

新しい人気アプリが登場すると増える不正アクセス。めんどくさ~~~~~い!!

Jimdoに設置したfacebookページがうまく表示されない!の解決方法。

能登も金澤もリピ絶対!百楽荘